本と花

99歳を無事に迎えたことをお祝いする白寿。

白寿をお祝いする際には、家族や親族が集まって食事会を開いたり、それぞれが用意したプレゼントを渡したりするのが一般的です。

食事会では家族で記念撮影をしたり、一緒にお酒を飲んだりと家族で過ごす時間が何より大切となります。

また、食事会の際に場を盛り上げる話として、白寿祝いにまつわる雑学を披露するのも楽しいものです。

そこで、今回は白寿にまつわる雑学をいくつかご紹介します。

そもそも白寿とは

寄り添って歩く夫婦

99歳を無事に迎えたことをお祝いする長寿祝いを白寿といいます。なぜ99歳を百寿というのか疑問に思っている方もいるでしょう。

100から1を引くと99になりますが、「百」の漢字から「一」を取ると「白」になることから、99歳をお祝いは白寿と名付けられました。

長寿祝いで有名な還暦や古希は中国から伝わったとされていますが、白寿は日本から生まれた長寿祝いの一つです。長寿祝いが世間的に広まったのが江戸時代頃とされていますが、その頃は99歳まで生きる人は珍しいことであり白寿祝いが行われることはめったにありませんでした。

現代の日本は長寿社会となっており、長生きするのが当たり前になりつつありますが99歳まで無事に長生きするのは貴重なことです。感謝の気持ちを伝え、そしてこれからも長生きしてもらえるよう、きちんとお祝いするのが望ましいでしょう。白寿を迎える方の好きなものや思い出を振り返ってもらえるような品を贈って、家族で特別な時間を過ごしましょう。

白寿にまつわる雑学

メガネと本

白寿とはどういったお祝いなのかをご紹介しましたが、ここからは白寿にまつわる雑学をご紹介します。

【白の解字】

栗

白いどんぐり(クヌギやカシワ)の実を描いた図形がもとになっているそうです。あるいは、頭蓋骨だと考える人もいるようです。

「白」

意味;白い色、又、白は自(鼻の原字)で、鼻のことを指す。
《解字》象形。どんぐり状の実を描いたもので、下の部分は実の台座、上半は、その実。柏科の木の実の白い中みを示す。柏(ハク) (このてがしわ)の原字。

 

【99年と付喪神】

付喪神

付喪神(つくもがみ)は、九十九神とも書きます。道具や動物も99年経つと、神様になるという伝承です。『百鬼夜行絵巻』には、草履や杖、傘、布に手足が生えている様子が描かれています。この神様が怒ると厄災が起こるが、大事にすれば幸福をもたらすそうです。

付喪神は九十九神と書く方が正しく、この「九十九」は「長い時間」と「多様なもの」を意味しています。もともと日本には「いろんな物に神様が宿る」という考え方があったので、古いものには神性が宿ると思われていたんでしょうね。

九十九神の魂(と言うのでしょうか?)が入るものを依り代といって、これもありとあらゆるものが、依代になりうるんだそうです。道具や動物はもちろん、建造物や植物、山河も九十九神になります。

そのため、長く使った道具を供養する風習も生まれました。人形供養、包丁塚、道具塚などがこれにあたります。この背景には「長い間ありがとう」という感謝の気持ちと、「手入れをしないと怪我するぞ」という教訓めいたものがあります。ないがしろにされたり、手入れを怠ると、九十九神が怒ってしまうんですね。

このように、99年もすると無生物にも命が宿り、神性を帯びるというわけです。ということは人間が99年も生きたら神様みたいなものですよね。例えば、老化によって意味が取れない言葉を話すようになった老人を、アイヌ民族は神に近い存在だと見なしていました。その老人の話す言葉を「神用語」と呼び、神の言葉としていたのです。

神用語って良い考え方ですね。「神様と話しているのか」と考えると、救われる場面がありそうです。

白寿とは?歴史やお祝い方法、プレゼントなど基礎知識をご紹介!

LINEで送る
Pocket