99才のお祝いの基本は「感謝の気持ちを伝える」こと

 

 

99歳を迎えた人をお祝いするためのイベント「白寿祝い」。

 

このときプレゼントを渡すという人が増加していますが、プレゼントと一緒にメッセージで気持ちを伝えるという人の数は少ないです。

 

プレゼントを渡す事で感謝の気持ちを伝える事が出来ると思われがちですが、実際にはメッセージでなければ伝わらない気持ちもあります。

 

白寿祝いのプレゼントにメッセージを添えれば、感謝が伝わる

 

 

99歳を迎えた人だけではなく、一緒にお祝いをする家族や親戚、友人の思い出に残る特別なイベントにするためにプレゼントだけでは伝えることが出来ない感謝の気持ちをメッセージを利用して伝えてみましょう。

 

白寿のお祝いに感謝の気持ちを伝える事が出来るメッセージはいくつかありますが、多くの人が実際に使っているメッセージは健康で長生きしてくれた事に関するメッセージです。

 

白寿祝いは日頃の感謝を伝える絶好の機会

 

 

99歳まで健康で長生きをするためには家族や親戚、友人の手助けが必要ですが最も努力しなければならないのは白寿を迎えた人です。

 

健康で長生きするために日常的に努力することで周りの人の手助けを最小限に抑えて生活をすることが出来ます。

 

健康で長生きをするために努力をしてくれてありがとうという気持ちは普段伝える事が難しいので、特別なイベントの白寿で気持ちを伝えてみましょう。

 

具体的なメッセージは感謝の気持ちが届きやすい

 

 

具体的にどのような努力をしていたのかという事を言葉にすることで、99歳を迎えた人の心に残りやすいメッセージになるだけでなく、普段から周りの人が気にかけてくれているという事を知るきっかけになります。

 

ありがとうという気持ちを伝えるだけでなく具体的な内容のメッセージを考えるようにしましょう。

 

関係がある人から普段の生活に関する話を聞きながらメッセージを考えるようにすると、より具体的な内容になるのでたくさんの人と協力しながらメッセージを考える事をおすすめします。

 

その他には家族や親戚、友人の事を気遣ってくれることへの感謝の気持ちを伝えるメッセージも人気です。

 

周りの人と良好な関係でいる為には、お互いに相手の事を気遣う必要があります。

 

白寿を迎えるまでの間、周りの人を気遣いながら生きてきたからこそ良好な関係で居られるという事をメッセージに込めて伝えてみましょう。

 

いつも気遣ってくれてありがとうという簡単なメッセージでも喜んでもらう事が出来ますが、99年間の間で印象に残っているエピソードを付け加えることで当時の事を思い出してもらう事が出来ます。

 

メッセージに付け加えるエピソードは悲しい内容の物ではなく、楽しくて元気になれるようなエピソードを選ぶことでお祝いの雰囲気を壊すことなく感謝の気持ちを伝える事が可能です。

 

昔のエピソードは懐かしさと共に会話に笑顔をもたらす

 

 

当時のエピソードを思い出すことで、会話を弾ませる事もできるというメリットもあります。

 

イベントを楽しんでもらう為に、楽しいエピソードを付け加えたメッセージを考えてみましょう。

 

普段からお世話になっている事に感謝をするメッセージは印象に残りやすいのでおすすめです。

 

生活をする上でお世話になっている事や、困ったときに手助けをしてくれたことへの感謝の気持ちを伝える機会は少ないです。

 

日常的にお世話になっている場合は、当たり前だと感じてしまいやすくなるので感謝の気持ちを忘れてしまいます。

 

感謝を込めた労いの言葉が良好な関係を築く

 

 

当たり前のことでも感謝の気持ちを相手に伝えることで、良好な関係になるだけでなく、お互いに思いやりながら生活をすることに繋がるのでお世話になっていることや手助けをしてもらった経験がある人は必ず感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

99歳を迎えた人に感謝の気持ちを伝える為のメッセージの種類は豊富です。

 

家族や親戚、友人などの身近な人しか知らないエピソードを交えながら感謝の気持ちを伝える為のメッセージを考えましょう。

LINEで送る
Pocket