白寿は何歳を示すのか?その由来は?

 

白寿とは、百から一を引いた字が白になることから、99歳になった人達を祝うことをいいます。

 

数えで99歳、満年齢は98歳の時にお祝いをします。現在の日本では、数万人の人達が、白寿を迎えているといわれています。

 

長寿大国にふさわしい数の人達が、毎年、このお祝いをしてもらっています。

99歳(白寿)を意味するカラーは

 

この歳を迎える人達は、還暦の年のお祝い色が赤色であるように、白色がお祝いの色となります。

 

字の感じからわかりやすいため、覚えやすくなっています。家族や親戚、知人等が贈り物をしたい場合には、白色のものを贈ると、白寿のお祝いとして最適です。

白寿のお祝い会をするときの対象者は?

 

99歳の頃、どこで生活をしているかは、人それぞれです。最期まで、自宅で生活を続ける人達がいれば、ホームのような施設で晩年を過ごす人達もいます。

 

自宅で生活を続けられる場合には、家族が一緒に住んでいることが多いため、家族が白寿のお祝いをするようにします。

 

その際には、あくまでも本人の健康や好み、希望を第一にして、無理のないようなお祝いをすることが必要です。

 

家族がお祝いをしたくても、本人の気持ちが向かないような場合には、無理のない方法でお祝いの気持ちを伝えます。

99歳には白い花をプレゼント

 

たとえば、いつもは部屋にない花を飾るなど、部屋のイメージを変えることもお祝いになります。その際には、季節感のあるお祝いの感じのする花を選ぶようにします。

 

花屋さんに希望を告げると、向いた花を選んでくれます。白寿のお祝いにふさわしいような、白の色をメインにした、美しい花を選ぶようにします。

 

その花を持ち帰り、99歳に話しかけながら、家にある花瓶に活けるようにします。

 

高齢になっても、美しいものやきれいなものを見たり、触れたりすると、刺激になり、反応をあらわしてくれる人達が多くいます。

 

自分では活けることが出来なくなっても、家族等が活けてくれたものを見て、とても喜んでくれます。

施設入居者も99歳の白寿祝いは施設のスタッフがしてくれる

 

ホームで生活をしている人達も、節目節目にお祝いをしてもらえることがあります。99歳の人達も、お祝いをしてもらったり、花をもらうことがあります。

 

スタッフの人達が部屋に活けてくれたり、花を担当するスタッフがお祝いの気持ちをこめて、部屋を明るく彩ってくれることもあります。

 

様々な場所で、長く生きた人達は、若い人達から祝福をされることになります。この年齢まで生きてこられたことは、凄いことです。

 

心身ともに、強い人達が多いため、若い人達は、学ぶことも多くあります。なるべく話が出来る間は、様々な話をしてもらう機会を設けることも必要なことになります。

99歳の祝福と今後100を超えて長生きすることを願うメッセージを贈る

 

白寿を迎える頃に、まだしっかりしている人達も多くいます。とても凄いことです。自分の身の回りのことは自分で出来る人達もいます。

 

そういった人達には、その秘訣を聞いてみることも必要なことです。若い人達は、そのあたりのことを学び、自分が高齢になった頃の理想を描くようにします。

 

多くの人達に祝福されることも必要ですが、99歳になっても、一人の人間としてしっかりと生きている姿を若い人達は覚えておくようにします。

 

そして、この先100歳を超えてもギネスブックにのるように、長生きしてもらえるよう言葉をかけます。

白寿の世代は若い人との会話、触れ合いが楽しみ

 

様々な贈り物も必要なことです。また、若い人達と接する機会があり、声をかけてもらえることは何よりの贈り物となります。

 

また、自分が若い人達にまだまだしてあげれることがあり、役に立っているという意識があることも、最期まで必要なこととなります。

 

若い頃の話や、思い出、長生きの秘訣等、他の人達には語れないような話が出来ることは、この頃の高齢者の人達には楽しみとなります。

 

こういった話を歩み寄って聞き、理解することだけも、心温まるお祝いとなります。

LINEで送る
Pocket