日本は世界と比べてみても長寿大国

 

 

2017年3月に発表された平均寿命は、男性が80.75歳、女性が86.99歳です。男女ともに年々と増えており、世界と比べてみても長寿国だと言えるでしょう。

 

将来的には、100歳が平均寿命となるかもしれません。日本では古来から、長寿のお祝いがいくつもあります。

 

60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の百寿、または紀寿などなどです。

99歳の白寿のお祝いをする場所

 

 

歳も歳ですからね。あまり遠出でお祝いをしようにも、本人の体力の限界もあると思います。

 

お家でみんなで手作りして盛大に祝うとか、近場のホテルやレストランでも借りて食事会を行うでも良いでしょう。

白寿祝いの食事会の実施は本人の体調に合わせて行う

親族で色んな話し合いをして当日を迎えます。身内同士なので、あまり畏まるのもつまらないですよね。

 

形式にこだわらずに、楽しく過ごせれば完璧です。とは言っても、形式的な段取りの方が進行しやすい場合もあります。

 

人それぞれですから、まずは本人の意向を汲むことが大事です。

白寿祝いの食事会、その段取り

 

白寿の食事会は、自宅かホテルやレストランを借りて行うか、どちらかになるのではないでしょうか。会の進行の仕方の一例は次の通りです。

 

(1)まず全員がお店に集合したら、みんなで席について乾杯の挨拶をします。

 

(2)乾杯の挨拶は、出席者の中で一番年配の方がされることが多いです。もしくは祝われる方と一番近い身内です。

 

おばあさんの白寿のお祝いだとするなら、その子供である長男や長女です。みんなで乾杯したら、しばらくは食事を楽しみます。

 

昔話に花を咲かせたり、近況を互いに話したり、話したいことはたくさん話しましょう。また豪華で美味しい食事は、誰にとっても嬉しいです。

ある程度食事が進んだら、プレゼントを贈呈

 

それぞれプレゼントを用意するのももちろん良いですが、みんなで費用を出し合って、一つのものを共同で購入してプレゼントするのも素敵です。

 

プレゼントは何が良いでしょうか。1世紀も生きて来られたのですから、欲しいものはほとんどない方もいらっしゃいます。

 

お茶がお好きな方には湯のみも良いですよね。座布団もプレゼントとして人気があるようです。

 

パートナーも健在ならば、ペアの座布団を送るととても喜ばれます。女性だったら、綺麗な花束もとても喜ばれます。

 

幾つになっても、女性はお花が大好きですからね。フォトフレームも良いのではないでしょうか。

 

会の最中には、バシバシと写真を撮ります。そんなみんなが笑顔な写真を目のつく所に飾る方もいます。

 

こんな風に、99歳のお祝いには何がいいのか、事前にみんなで意見を出して見つけたプレゼントは、思い出に深く刻まれることでしょう。

白寿のプレゼントには心に刺さるメッセージも添える

 

プレゼントと一緒にメッセージを述べるのもありです。孫やひ孫など、小さな子供が一生懸命書いたメッセージは胸が打たれます。

 

白寿を迎える方にとっては、こんな会を開いてくれたというだけで胸がいっぱいになるでしょう。

 

そして次はお祝いを迎える方による挨拶です。お祝いの会を開いてくれたみんなに、感謝の言葉を伝える方がほとんどです。

 

最後に記念として、写真撮影をする家族も多いです。思い出に残りますから、にっこりと笑顔がいっぱいな写真になりますよ。

白寿祝いは、人生の大きな節目のイベント

 

白寿のお祝いは身内でのお祝いなので、あまり形式ばかり気にしなくても良いです。

 

あと1年で1世紀を生きた方ですから、そう考えると、胸が熱くなる思いでしょうね。

 

大事なパートナー、苦労して育てた子供、可愛らしい孫やひ孫など、多くの身内が気持ちを込めてお祝いをします。

 

節目のイベントですから、こんな時にしか集まれないかもしれません。それでも、短い時間でも、集まれるのはとても幸せなことです。

LINEで送る
Pocket